住み心地のよい家づくり!注文住宅を建てる上で重要な観点とは?

家族全員の意見を取り入れよう

住み心地のよい家づくりを実現したいと考えたら最も重要なのが家族全員が満足することです。注文住宅は自由にデザインして建てられるので、住宅に合わせて生活する必要はありません。家族の一人一人が何を望んでいるのかをはっきりとさせて、その望みを叶えられるように注文住宅をデザインしましょう。よく全員で相談をして、それぞれの意見を取り入れることが大切です。デザインの時点で家族全員が納得できることが満足度の高い家づくりに直結します。

家にいる時間が長い人の意見を優先しよう

家づくりの家族会議を行っているとなかなか簡単に決まらずに悩む場合もあります。そのときに大切な考え方は家にいる時間が長い人の意見を優先することです。家にいる時間が長い人ほど新しく建てる家をよく使用します。その人が望んでいる住宅に近づけた方が、ほとんど眠るだけのために帰ってきている人の意見をを優先してデザインするよりも家族全体としての満足度が高くなるでしょう。主婦の意見を取り入れる視点を持つのが良いのです。

毎日使う場所は使い勝手を重視しよう

それぞれの意見を反映させていくと見落としてしまいがちな部分もあります。寝室やリビング、キッチンには意見が出やすい一方で、お風呂やトイレは毎日使う場所なのに特別に希望が出ない場合がよくあるのです。それで疎かにしてしまうと毎日使うのにストレスがある状況が生まれてしまうかもしれません。スペースの十分さを念頭に置いて、使い勝手を重視しておくのが賢明です。中心になっている人が必ず毎日使う場所のデザインを気にかけることが大切になります。

注文住宅で家選びを進めると予算が明確に決まります。施工例もたくさんあるので初心者でもかなり分かりやすくなっています。