マンション向き?アパート向き?違いを知って選ぶ賃貸物件

マンションとアパートの違いとは

賃貸物件を探していると集合住宅としてマンションとアパートが見つかるでしょう。この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。厳密なことを言えば違いが定義されているわけではありません。慣習として規模が大きければマンション、作りが簡素ならアパートといった形で分類されていますが、たとえ4部屋程度しかない集合住宅でもオーナーや管理会社がマンションと主張すればそれはマンションになります。名前だけで選ばずに中身を理解することが大切です。

一般的な理解からの区別

一般的なマンションとアパートの違いは建物の規模や構造で判断されています。2階建てか3階建て程度までがアパートで、それ以上になるとマンションと呼ばれやすいでしょう。構造として鉄筋コンクリートを用いているのがマンションでは一般的ですが、アパートの場合には軽量鉄骨造か木造が基本です。結果的にマンションの方が戸数が多くて建物が高く、丈夫な作りになっています。そのメリットを生かすために設備面でもマンションの方が優れている傾向がありますが、一概には言えません。

マンションとアパートのどちらを取るか

賃貸物件探しでマンションかアパートかを迷ったら家賃と住みやすさのバランスを考えるのが重要です。全体的な傾向としてアパートの方が構造が簡素なので音が響きやすく、耐震性でも劣る傾向があります。その分だけ家賃が低くなっているので住居費を抑えることができるでしょう。また、建物が高くないので出入りには便利というのもアパートのメリットです。ただし、エレベーターがついていないことが多いので上層階の場合には階段での昇り降りが必要になります。

札幌市東区の賃貸の契約内容を確かめるうえで、分かりやすい書面を発行してくれる業者を選ぶことが大事です。