賃貸で一戸建て住まい!リフォームは可能?

賃貸一戸建てはリフォーム可能?

中古の家を手に入れてリフォームして住むという考え方が広まってきましたよね。この方法を賃貸一戸建てで行うことはできるのでしょうか。地帯契約では原状回復の義務が借家人に課されているため、リフォームをしたら元通りにして返さなければならないのが原則です。そのため、簡単に行えて元に戻せるリフォームであれば実施することができます。しかし、オーナーと相談してみると、どのようなリフォームもできる可能性があります。

一戸建てだから相談しやすいリフォーム

賃貸一戸建てをリフォームしてきれいな外壁と屋根にしようといったときには原則としてできませんが、オーナーが許可をすれば問題はありません。形の上ではオーナーに施工を依頼することになるのが通常です。リフォームすれば住みやすいのにという事情を告げてみるとオーナーが快諾してくれることは珍しくありません。一戸建てを賃貸しているオーナーは安定した居住者がいるのを望んでいて、快適に住めるようにして長く住んでもらおうと協力的な姿勢を示してくれる人が多いのです。

書面での契約を必ず行うのが大切

オーナーと相談してリフォームをする場合には必ず契約書を交わしましょう。書面で合意のもとに行ったという記録を残し、原状回復の際にトラブルにならないようにすることが大切です。もしリフォームしてオーナーが気に入らなかったという場合に元に戻すように原状回復を求められてしまうリスクがあることは否めません。また、リフォームにかかる費用についてもどのように負担するかを明確にして契約書を交わしておくとトラブルにならずに済みます。

帯広の賃貸マンションの契約プランは、有力な不動産会社の公式サイトに掲載されることがあり、予算の都合にピッタリの物件を選ぶことが効果的です。